2017年10月13日 (金)

ちょっとDIY

今流行ってるよね。


Do it yourself!!


自分でなんでも作っちゃおうぜ。的なDIY。


でもなんでも自分で作れたら楽しいだろうなー。


そんなスキル欲しい。


電動ドライバーとかそういうのでアタッチメント変えるとなんでもできちゃうマシンあるじゃない。

あんなんすげえ欲しい。


けど、おれの性格上、そんな道具手に入れたらとことんやってしまいそう。
わからないことは調べまくって追求しそう。


てなっちゃうからあんま手出さないようにしてる。


でも本当はやりたい。

いつかやるだろうな。


でもね、


今回ちょっとしたDIYやらないといけないことがあって、

それはね、

Img_0559

このきったねえカウンターなんだけど、

うるせえわ。汚ねえとか言うなし。


アメリカの古い廃材を利用したカウンターなんだって。

こういう廃材を使用していろいろ作ってる人が骨董市に出展してて、
で、そんとき前の家に引っ越ししたてで、下駄箱がなかったの。


これは本当はショップとかに使う用のカウンターとして売ってたんだけど、
前面にノブとフックつけて開けられるようにしてもらって、

中には棚板を増やしてもらって下駄箱として使えるようにしてもらった。
Img_0580


こんな感じでね。
上にごちゃごちゃいろんなもん乗せて。


ただね、今はここから引っ越してさ、
次の家は下駄箱があるのよ。


だからこの余った下駄箱は今はキッチンカウンターとして使ってるの。
使う前はちゃんと拭いてね。

拭いたよ!


もじゃが前からカウンター欲しかったみたい。

でもまあサイズもちょうどいいし使い勝手がいい。


引っ越しする時手伝いに来たうちのおかんが、
「この汚いのも持ってくの? こんなんどこ置くの?」

ってお金出して買ったこのカウンターボロカス言ってたけどね。


Img_0561


裏はこんな感じ。

あんま見ないで。
いろいろと使うもんが収納されてる。


でもこういう目につかなくていいものが目につかなくなるのすごくいい。


ってなったんだけどさ、
この天板がさ、

Img_0562

ようは廃材そのまま使用してるからニスとかなにも塗ってないわけ。


今回はキッチンカウンターとして使ってるわけじゃん。
ちょっとね、水気に弱いのよ。

ちょっとした水がすぐ滲みる。

ちょっとした水ならまだいいけどさ、
いずれ水気で木が腐ってもやだし、

万が一この上でなにかこぼしちゃった場合中までビッチャビチャになるでしょ。


これはあらかじめ何かやらなきゃいけないと思って。

だからこの上にタイルでも貼ろうかなと思って。


そこでやってみました。

ちょっとしたDIY


今はとても便利なものが売っててさ、
自分で簡単にタイルはれるのよ。
タイルの隙間の目地なんかも簡単に仕上げられる。

ここのタイルシート使った。

ステマじゃないから。
ちゃんと買って使ってるから。


このタイルシートはね、1枚が15cm×15cmでサイズが測りやすいのよ。

なのであらかじめサイズを測っておいてタイルシートを必要枚数注文。

Img_0563


木なので鉛筆で15cm×15cmの線をあらかじめ書いちゃう。
線わかる?
まあ貼るときに貼る人がわかればいいからうっすらでいいね。
この線に沿ってタイルシートを貼っていく。

この木はニスも何も塗られていないので問題なくくっつくと思う。

でも一応軽く拭いたけど。

Img_0564

裏が両面テープになってるから簡単に貼れる。

こうやって順番に貼っていく。


タイルの向きあるから注意ね。
まあそこは適当に勝手に調べて。


色は薄いグリーン。
中がひび割れてるタイプ。

素敵かな?どうかな。


Img_0565


15cm×15cmで貼れる箇所は終了。


さて残った隙間はどうするか。


Img_0566

カットできちゃう。

カッターで簡単にカットできちゃう。


Img_0567


貼る方向に合わせて目地残しつつね。

Img_0568

貼ってく。

Img_0569


Img_0570

完成。


ではない。


今度はこのタイルのでこぼこを埋める目地を入れる。


これも目地シートってやつがあって、簡単につけられる。
買ったタイルと同じサイズの目地シートを選んで買うだけ。
必要な枚数分買うだけ。

それを

Img_0571

隙間に埋めてく。

Img_0572


そうするとこんな感じででこぼこが埋まってく。

簡単。


Img_0574

足りないところは付け足して。
余ったところはカットして。


Img_0574_2


簡単だけどまあまあめんどい。

Img_0576


はい完成!

はい超簡単!

1時間くらいかな。


超簡単。


Img_0578


Img_0579


これでちょっとした水気なら問題ないでしょう。

さっと拭けるし。


なんとなく明るくもなったしね。


でも本当はタイルない方が好きだけどね。
まだちょっと新しすぎるのかな。
もうちょい薄汚れたらいい具合になるのかな。


あの廃材のきったない感じのままの方が本当は好きだけど。


うるせえ汚い言うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

生地開発

先日、


9月の終わり頃に2018年春夏展示会が終わり、

現在各店舗にて受注会を行なっていますが、


2018春夏展示会が終了して1週間後、

Img_0505


尾張一宮というところに行ってきました。

2018/19秋冬の生地開発のために。


正直まだ頭が切り替わってないけども。


早いよね。。

まだ今期の秋冬を納品しつつ、
次の春夏の発表中に、
その次の秋冬の生地を見る。


はっやい。


でも今回はオリジナルの生地を作ろうかと思っているので、
もう今から取り掛からないと間に合わない。


ジャガード、プリント、カットソー、
いろんな生地の会社があるけども、
どの生地を作るのが得意かとかもあり、あらかじめ作りたい生地をある程度考えといて、

で、生地屋さんと打ち合わせ。


どんな生地にするかはまだ秘密なので、見せられませんが、
Img_0506


Img_0507


Img_0509


こういうのができるよ。というのを見せてもらい、

どんな方向でいくのか決める。

Img_0510


ジャガードが織られていく工場を見せてもらったり


Img_0514

大仏見たり。


お昼ご飯食べた後にやってくるOPPでしんどくて早くトイレに出会いたかったり。

Img_0520


Img_0521

次行ったとこは10万点の生地スワッチが素材別に残ってたり。


ここはめちゃくちゃすごかった。

心踊る資料室。

何時間でもいれるわ。時間の都合上ちょっとしかいれなかったけど。

Img_0518
おれが心奪われた生地はこれ。

鳥の羽が刺繍された生地。

めっちゃくちゃ高そう。
生地コンテストでも受賞した生地なんだって。


これめっちゃかっこいい。

Img_0523


ファーに箔プリント。


すげえことしてる。。


ていうかここすごい。
昔の東コレの実物のコレクションサンプルとかもあったしね。

すごいすごい。


Img_0524

これもまた。。


これは生地を織る工場の人が、
自分で織った生地の糸端を几帳面に取っておいて、素材別にまとめたもの。


Img_0525

ものすっごい几帳面。


こういう人だから細かい生地を織れたんだろうね。

20年間保管されたままになってて、
この状態でみつかったからこうやって展示してるんだって。

すばらしい。。


まあ楽しいとこでした。


日帰りなのでドタバタしてしまったけど。


さあ、来シーズンはどんな生地ができるかな。


Img_e0513


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

人生の快楽

いつの間にーか この街にー

丸め込まーれたのは僕!

居心地いいと笑ってる

そんな余裕ーはいらないのかな


知ってる?

B'z。
Pleasure ~人生の快楽~


おれB'z好き。


いいよね。


時々口ずさみたい歌詞多いよね。


あの娘は太陽のKomachi ANGEL!!
やや乱れてYO Say! Yeah Yeah!
とかさ、


N・A・V・I!!
とか、


ウルトラソウ!へい!
とかね。

ここらへんの歌詞なんてたぶん一生覚えてるわ。


Pleasure91 とか 98とかで歌詞が変わるのもいいよね。

重いマーシャル運んでた腰の
痛みまだ覚えてるの

とか


あいつもとうとう親父になった土曜日の夜
電話越しに
おめでとう言いながら時間の流れに何故か口唇噛んだ


とかね。


あ、そうそう。

この歌詞で思い出したけど、


あいつもとうとう親父になったよ。日曜の明け方。


Img_0376


おれ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

2018/SSコレクション

どうも。

ごぶさた。


前回の更新から1ヶ月近く経っちった。


なんせここ1ヶ月は忙しかったもんで。

8月の記憶がないよ。


これからはもっと頻繁に更新できるよう心がけたいね。

とりあえず、


Ventriloquist 2018/SS "BOTANICAL RHAPSODY"の全ルックが公開になりました。

Cover


03


05


28


36


全ルックは下記のアドレスから見れますんで。
Ventriloquist collectionページ

またroomservice、fashionsnapでも取り上げてもらったよ。

roomservice

fashionsnap

みんな見てねー


ということで、

これからはもっと頻繁に更新するよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

引っ越ししました。

先日、


来月の展示会準備、サンプル作製でバタバタの時に、


秋冬の納品でクッソ忙しい時に、


そしてこのクソ暑い時期に、


世間は夏休みのお盆期間中に、


引っ越ししました。


前よりもちょっと大きいところ。

ていうかだいぶ大きいところ。


前のところの片付け、引っ越し、次のところの片付け。
これ全部で3日で終わらせるつもりだったけど全然ダメ。

6日かかっちゃったね。
お盆丸々使った感じ。

やっべえ。

この忙しい時に。


でも今はようやく落ち着いた感じ。


引っ越した先は古民家というか、まあ新築ではない家。

とりあえず大きい。


新築はあまり好きではない。
どちらかというと古民家のが好き。


っていってもただ古いボロいのは好きじゃない。
おしゃれな感じのやつね。

まあここもそこまでおしゃれってわけじゃないんだけど、
仕事で使う部屋がほとんどだし。

ここに決めた理由もおしゃれだから。古民家だから。ってことではなくて。
単純に広さが魅力的だったわけで。


で、普段いるところ、人を呼ぶところぐらいは気使おうと思って。


そして引っ越した先が前のところから徒歩10分くらいのところ。
これは随分助かった。


チャリで移動してたもんね。


そしてようやく落ち着きこれで仕事も随分はかどるぜ。

Img_0090


この抜け。


広い。これは満足な広さ。


ただね、入った時に前のものがけっこう残ってて。


この6畳の大きさの絨毯をひっぺがすのも一苦労。
上に大きなクローゼットも残ったままだし。

Img_0092

ひっぺがした。

もうこれだけで汗だく。


で、このクローゼットも結局移動。

ここは仕事の部屋になるからね。

Img_0096


古民家感。

ここにフローリングを敷いた。
電気も変えた。
仕切りの襖も取った。

で、部屋がぐっと広くなった。仕事で使う予定だしね。
畳だと仕事にならなくて。


Img_0103


最初はものだらけ。
でもここはすっかり片付いてますよ。

ここは普段いるところ。

なんかおれ蛍光灯あんま好きじゃなくて。
オレンジ色の光の方が好きなのよ。


で、この電気の傘というか、この家庭感のある感じもあんま好きじゃなくて。
家庭なんだけどね。

なのでここの電気も変えた。

トイレもお風呂も脱衣所も白い光の蛍光灯だったもんで、
こういう落ち着きたいところに白い強めの光は好きじゃない。
なので暖色系の蛍光灯に変えたよ。

変えた。変えた。って言っても買い換えたわけじゃなくて。
前の家にあったやつに付け替えただけ。お金はかかってないのよ。


い草は新たに敷いてね。
どこか一部屋は畳を残そうと思って。
で、畳の上にこのチェックっぽいい草敷いた。本当はなんかネイビーのやつがよかったんだけど売り切れ。


Img_0102

キッチン。

広め。


あとね、仏壇を置くであろうスペースがあって。
仏間っていうの?でも仏壇なんて置かないし。
でもスペースあるしどう使おうかと思って。

Img_0136

運良くおれいろんな細々したものがたくさんあるんで、

仏間の扉とかいろいろ取り外して細々したもの置いた。


子供がいるわけじゃないんだけどもじゃさんがね、絵本が昔から好きだったみたいで、
なので奥に絵本置いたり、

あと手前にはイタリア語のディズニーの漫画があったり。


これはね、イタリアで言葉を覚えるために漫画から学ぼうと思って買ったの。
ただ漫画とはいえ難しくてねえ。


イタリア語の話しになるんだけど、敬語を使う時”lei"を使うのよ。三人称単数で話すと敬語になるの。
でもこの漫画は一昔前なのか敬語が"voi"なのよ。複数。
昔の映画とかvoiを使ってるみたいで、今ではない昔の言い回しみたい。

まあこれはわかる人にだけわかればいいんだけど、
イタリア語習いたての時はこれがよくわかんなくて。

漫画って難しいな。って思ってた。でも絵かわいいからとっておいた。
辞書で調べながら読んだ懐かしの漫画だからね。

空いてるスペースに調べた単語の意味がびっちり書いてあって。まあまあボロボロになって。
それがなんかよい思い出。

おれがんばってたなあって感じで。


Img_0116


玄関。

イタリアの骨董市でみつけた細々したものを
下駄箱の上にここぞとばかりに飾ってみた。

この下駄箱、
やっぱ昔の人は足が小さかったのかわかんないけど、
俺の靴つま先出ちゃうのよね。
奥行きが足りないのよ。

なんか小さい。


なので俺の靴横向きに入ってる。
すごいスペース無駄に使ってる。


あとカーテンレールがあってもカーテンなくて。

今もないところだらけなんだけど、


でもこんだけ広いスペースの仕切り全部にシーチングのカーテンで統一したらなんか素敵だなーって思って。


なので仕切りはシーチングのカーテンにしようかな。
Img_0096_2


ここの周りとか、間の仕切りとかふすまじゃなくシーチングのカーテンだったら素敵じゃないかなー

冬すげえさむいぞ。って言われてておれの意見まだ通ってないけど。

あと大工さんがいうにはこの仕切りに使われてる扉ってすごい理にかなってるらしく、
湿気をとりつつ光取り入れつつ断熱しつつなんだって。

取り外さない方がいいぞって。


昔の人は頭がいいねえ。
従おうかな。


でもとりあえず必要そうなところはシーチングのカーテンつけてみた。


Img_0127


縫って


Img_0128


金具ひっかけて

Img_0131


レールにひっかけて


Img_0134


完成!
寸歩ぴったし!

さすがだぜ〜


Ckcf9328


ってほとんど作ってもらったんだけどね。

まだまだ残ってるのでいつでも作りに来てください。


Img_0113


片付けてみると押し入れはスッカスカ。

でもどうせ荷物も増えるでしょ。

Img_0105

近くの公園には遊具で遊ぶねこちゃんいるし。


Img_0106


こっち見んなし。


まあこんな感じ。


古い家だからクーラーないところもあって、
でもクーラーってすげえ高くて。

汗だくな時もちらほら。


Img_0118

おれ、引っ越しました。

おわりー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

納涼祭

今のところに引っ越して来て数年が経つんだけども、

20代の頃は3年に1度は引っ越しをしてて、
そのためどうせすぐ引っ越すだろうと荷物も全然増やさなくて、


でも今のところは珍しく3年以上たった。

で、もうすぐ引っ越し予定。


荷物だいぶ増えちゃったな。参ったな。


で、ここに引っ越して来て毎年、夏のある日急に窓から花火が見えるのよ。


え?花火大会?
ここら辺で?

ていってもここの近くに花火大会はない。


毎年どこだ?
て思ってたわけ。

いろいろ調べて見ると自衛隊の練馬駐屯地が近くにあって、
その練馬駐屯地で毎年行われる納涼祭から花火が上がってるみたい。


そんなの何日にやってるかなんて全然わかんなくて、
なんせそのお知らせを普段目にしないからある日の夜突然花火が上がって、


ああ、納涼祭か。また今年も行きそびれた。って感じで。


ただ、今年はようやく行けた。


今年はいつかなー?
1度は行ってみたいなーなんて思ってHPを見てみたらさ、

おい、今日じゃねえか。ってことで行ってきた。

初めて。


Img_9984


この日午前中は雨降ってて、でも午後には止んで。
曇りだけど真夏の暑さはなく涼しい日でした。

外で歩くにはちょうどいい暑さ。


初めて入ったよ。練馬駐屯地。

Img_9985

立派な建物。


おれ実際この納涼祭で何が行われてるかあんまよくわかってなくて。

とりあえず祭り的なものがあって、お店が並んでて、で花火ある。みたいなイメージだったんだけど、

イメージ通りだった。


途中喉乾くだろうから自販機でお茶買おうとしたところ、

え、
セブンイレブン?

Img_9987

中にセブンイレブンあった。

すげえ。
ちゃんとした普通のやつ。


もっと驚いたのがさ、お酒も売ってた。


あ、お酒売ってるんだーって。

なのでビール買った。

お祭り歩きながら。
花火見ながら飲もうと思って。


そのほかには、
Img_9988

クリーニング屋さんあったり。

やっぱ日々の訓練、泥だらけになるもんね。
洗濯機じゃ落ちないわな。

そういえばいる人たちみんな服きれいだったもの。

みんなクリーニングですわ。

Img_9986


床屋さんもあった。

なるほどー。


いろいろあるんだねー。

体育館とかも申請すれば使えるみたいね。


体育館いいじゃん。
運動したい時めっちゃいいじゃん。


お祭りはというと、
Img_9996


Img_9997

屋台めっちゃ出てた。

焼き鳥、唐揚げ、牛すじ、かき氷、冷たい飲み物、
金魚すくい、おもちゃ屋などなど


おもちゃ屋さんですっごいかっこいい剣売ってたけど買ってくれなかったよ。
振ると光るのにだぜ?

そのほか日本刀も売ってた。けど買えなかった。

小学生くらいの子は光る剣買ってもらってたよ。超うらやましいぜ。
めっちゃかっこいいし。


Img_9993


舞台の上では阿波踊り。

やっとさーやっとやっとー


あとはたくさんの隊員がいろいろ披露してた。

サンシャイン池崎とか。自衛隊のパーフェクトヒューマンとか。まあまあバラバラだったけど。

Img_0002


下半身がまだジャージの後輩見てたり、

Img_0001

先輩見てたり。


こんなお祭り近くにあるの知らなかったなー

いや知ってたんだけど、毎年いつあるか知らなくて。
毎年いつのまにか過ぎてた。


何年かぶりに来たこういう夏のお祭り楽しいね。
浴衣の人いれば、夏休み中のテンションマックス小学生もいれば、家族いれば全員いる。


あと時たま香る蚊取り線香の匂いね。

蚊取り線香めっちゃいい匂いするよね。


そしていよいよフィナーレの花火大会。
ビール飲みながらゆっくり花火みようなんて思ってたけどビールなんてとっくにないね。

Img_0040


Img_0041

そりゃ隅田川とか荒川の花火大会に比べると規模はちっちゃいけども、

でもここまで間近の花火も初めて。

すぐそこで打ち上げてすぐそこで見れる感じ。

人も満員じゃないもんでゆっくり見れたし。


俺の仕事ってスケジュール上、夏がマックスに忙しいのよね。
1月2月と7月8月がマックスにやばい。

そんな中、久しぶりに夏を楽しんだ感じがしたよ。


日焼けする仕事じゃないもんで夏なのに肌白いし。

Img_0049

写真じゃしょぼいけどナイアガラきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

恐怖体験

ずーっと前の話になるんだけど、


おれが20代前半だった頃の話。

イタリアにいた時の話し。


当時はCITI BANKという銀行に口座を作ってたのよ。

日本で口座持ちながら外国でお金をおろせる。っていうのができるみたいで。


今はたぶんどの銀行も外国でお金を引き出せるようになってるだろうけど、
当時はCITI BANKで口座作ってね。イタリアでお金おろせるから。って言われてたの。

だから当時はCITI BANKを使ってたの。
留学先のミラノに支店があって、だから使ってたのかも。あんま覚えてないけど。


CITI BANKミラノ支店にはあれのおかげであんまいい思い出ないけどな!


で、当時、お金を下ろすのはそこでしかおろさなかったの。
画面が日本語で表示されて楽っていうのもあったんだけど、

イタリアってATMが道路にむき出しで設置されてるのが多くて、
そこでお財布出してお金しまう。ってなんか怖かったのよね。


で、ここのATMは1人しか入れないようになってて
しかもカードがないと入れないようになってるの。

03


こういうぼっこりが入り口のドアについてて。
ここにカード入れて緑のランプが点灯したら入れる仕組み。

02

いわゆるホテルみたいな感じ。


で、中は1人しか入れないから安心してお金おろせる。

当時は怖かったもんだからここに来てお金おろしてたのよ。
中に人がいると絶対開かないし。

1人出て来たら次の人が入る。


でもね、場所がミラノの中心のドゥオーモの近くのガレリアの近くにあるのよ。

治安はいい方だからいいんだけど、なんせ混んでるの。
いつもだいたい待つ時間があったのよ。

ただね、


その銀行の反対側にもATMがあることを知って、次からそっち行くことにしたの。

05


そっちのが空いてるのよね。

で、やっぱりこの重々しい扉にカード差し込んで入るから安心。


ちょっと広めだし。


あ、こっちいいじゃん。
ってなってしばらくこっち使ってたの。


でね、あるとき、いつものようにATMに入ってお金をおろしてたらカチャ。ってドアが開いたの。


おれが中にいるってわからなかったのか、中国か韓国の同い年くらいの女の子が入って来ちゃったの。

おいおい!まだおれ入ってるって!
って思って、

NO NO NO!
おれまだ途中。おれが出てくるまで待ってて!

って言って出てってもらったの。


で、お金おろしてはいどうぞ。って交代。


いや、それにしても、こっち側開くんかい!

人が入ってて人が出る前にカード差し込んだら開いちゃうんかい!って思ってた。


CITI BANKはなんか国際的な銀行で他の国の留学生とか外国人とか多く使ってたと思うから
ここのATMは外人多く使ってたのかな。

ミラノの中心にあったから観光客も多かったと思うし。


でもATM人いるのに開いちゃうって。ってちょっと怖いな。って思ってたのよ。


で、


また次お金おろそうとした時。


案の定いつもの方は混みがち。


じゃ奥の方へ行こうと。


で、カード差し込んでATMに入る。


だれも来ないといいなー。
なんて思ってたら来たのよ。
来ちゃったの。


カチャ


見るとね、

アジア人じゃない。
観光客でもない。

ましてや女の子でもない。


とりあえずなんかでかい。


イスラムの人。。


白いターバン巻いて。
白い長い服着て。
ごっついヒゲで。
しかもでかくて。


で、そのときウサマビンラディンがどうとか。
アメリカとイラク戦争中だったとか。
スペインのマドリッドでテロとか。

なんかね、俺の中でイスラムの人めちゃくちゃ怖かったの。
イスラムの人で普通の格好してる人でも目がギラギラしててじろじろ見るし、


当時のおれなんて20代前半の日本人。
日本人なんて少年のように見られがち。

なんかあっても太刀打ちできないよね。


それがなんかごりごりにイスラムの格好した人で
しかもなんかでけえし、


え!
ちょ、

ちょ、待っ

ATMの中入ってるぅぅ!!!!

01


この空間におれとこの人2人っきり!!


NO NO NO!
おれ今いるから!ちょっと出てって!!


なんて言えねぇぇぇ。。
超こえぇぇ。。


おれお金取られない?
え?刀とか出してこないよね?
ピストル持ってないよね?

え?おれ死なないよね?


もうね手足ふるっふる!

ニュースのテロとかで見てた同じ格好のその人がそこにいるんだもの。


早く出たい!

ここからいち早く!

でも変に急いで操作するとカード飲み込まれちゃうから。


え、怖い。


でお金おろしてすぐ出る。
顔なんて見れない。

すーっと幽霊のように。


結果何もなかったんだけどね。

その人もお金をおろしに来てただけ。


いや、外で待っててよ怖いから!

そもそもドア開いちゃうなよ銀行!


まじであん時おしっこちびるかと思った。


いや、ちょっと出た。


それからね、変にATMに入るよりも外のがいいわ。ってけっきょく外のむき出しのATM使うようになったのよ。


そこら中にあるから結果便利だし。

いやあんときはめちゃくちゃ怖かったな。


ミラノで痴漢にあったときくらい怖かったな。


この話はまた今度ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

営業の電話

営業の電話。


こういう仕事していると
ほんとよくかかってきます。

あの、

かけてこなくていいですよ?


って言うわけにもいかないので、一応話しは聞く。


いえ、結構です。プチ。って切るのもなんか嫌な感じでしょ。


まあそれでもいいと思うんだけど、最近は一応話しは聞いてる。


ただややこしい仕事中に電話かかってきて営業の内容だと、かなりテンション低くなっちゃう。

こればっかりはしょうがないよね。


もうそれはかなりテンション低い。声も小さい。

嫌な印象与えてしまってると思う。


で、つい先ほど営業の電話がかかってきた。


「オンラインストアを拝見してお電話させていただきました。株式会社〇〇と申します。
この度オンラインストアの売り上げにお手伝いできないかと思いご連絡させていただきました。」


あ、営業の電話ですね。
でもなんか初々しい感じ。新入社員みたいな。ベテランじゃない感じ。

おれね、ベテランの営業トーク丸出しの感じの喋り方ってあんま好きじゃなくて、
そういう人にはいつもちょっといじわるしちゃう。

なんせおれ性格悪いもんで。


でも初々しい感じだったから一応黙って話聞いてみる。
テンションは最底辺になっちゃってるけど。

おれ「。。あ、はい。ありがとうございます。。」
営業「あの、、なにかオンラインストアで困ってると言うことはありませんか。。?」
おれ「。。いや、特にないです。。」
営業「あ、、特に売り上げをあげたいとかは、、ない、、ですかね。。?」
おれ「。。いや、そういうわけじゃないんですけど。。」
営業「。。え、と、弊社でなにか御社のお手伝いができたらいいなと考えているのですが。。」


いや、そのお手伝いを何してくれるのか教えて欲しいんだけどなー。


おれ「あの、御社はどのようなお手伝いをしていただけるのですか?」
営業「あ、はい、弊社は見やすいサイトの構築、検索結果の上位に表示、他社サイトの広告掲載などお力になれると思います。」
おれ「。。私たちのサイトになにか問題あり。。ます。。?」
営業「え、いえ、特にないのですが。。」
おれ「。。。」


おれ「検索結果の上位とはどういうことですか?」
営業「たとえばGoogleとかで検索した際に上位に表示されるようにしたりとかです。」
おれ「なにを検索したときですか?ブランド名ですか?」
営業「ブランド名もですが例えば『トレンチコート』とか検索した際に上位にくるようにしたり。。」


ブランド名では一応上位にはきてるし。。スペル難しいかもしれないけども。。

ていうか世の中何万とあるトレンチコートで上位検索??

どうやって?


でもまあそこはベテランじゃないし、新入社員っぽかったのでつっこまなかったけど。
ベテランだったらつっこんで聞いちゃうけど、新人っぽかったから。

まあまあ心折れて仕事嫌になってもかわいそうだし。


。。て会話しながら「株式会社〇〇」をGoogleで調べる。


。。。


。。。


おめえ全然上位に来ねえじゃねえか!!!

会社名で検索して上位にきてねえ!!!


「御社検索しても上位に来ませんがなぜですか?」

とは言わなかったけどね。
ベテランだったら聞いてみたかったけど。
その会社のツイッターのフォロワーおれより少なかったし。。おれも多くないのに。


「あ、今のところ大丈夫です。」って言って電話切った。


営業がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

ウェディングします。

おれ、


近いうち、


ウェディングします。


そう。

結婚します。


じゃなくて。


ブライダル始めます。


Ventriloquist、ブライダル始めます。


Img_9860

裾はスカラップを使用したり、


Img_9854

サンプル縫製から上がってきたものを最後の仕上げしたり、


Img_9866

裾は3mmだったり。


そんな感じでVentriloquistブライダルラインを進めてまして、


ついに完成。


と言いつつも全貌はまだ見せられないので、

ちょっとだけ。


Img_9846


Img_9858


Img_9861


Img_9869


実はだいぶ前からひっそりとこの企画は進んでまして、

このプロジェクトは今年の8月ごろから本格的にスタート。


詳細はまたその頃ね。


「けっこん」と打つと「血痕」と変換されたり、
「ちば」と打つと「血場」と変換されるおれのMacは呪われてるみたい。

そんなおれが携わるブライダル。


みなさまにハッピーウェディング!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

展示会サンプル

以下業務連絡です。


Sample_pop

Exhibition samples 2018/SS


展示会サンプル、テレビや雑誌での着用の商品、汚れキズものなどです。

展示会サンプルは生産分とは縫製の仕様や生地が違っていたりするため店頭に並べられない商品となります。
ご理解いただいた上でのご購入お願い致します。


展示会サンプルのため各1点ずつのみとなります。
全て50%offとなります。

※サンプル商品は洗濯表示が取り付けられていないか、赤くサンプル表示がされます。
※こちらの商品にはノベルティはつきません。予めご了承下さい。
Dsc_0763


Dsc_0804


Dsc_0863


Dsc_0847

など。

Exhibition samples 2018/SS

以上業務連絡でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«特別講義感想文の感想。